ティファールの圧力鍋クリプソモデューロ2 ポイント1

ティファールの圧力鍋・クリプソモデューロ6L

右の写真はクリプソモデューロ2の6Lです。クリプソモデューロ2は6Lのみ1サイズです。

クレールの内容物としては圧力鍋本体と中かごととレシピ本がついています。中かごは蒸し器としても使えます。ガラスぶたはついていません。

ティファールの圧力鍋に共通していることですが、世界初の「ワンタッチ開閉圧力なべ」。誰でも片手で簡単に開け閉めできて、360°どの位置にふたを セットしても、しっかり閉められます。ふたの開け閉めのややこしい手間や面倒な操作を、「ワンタッチ」で解消しています。

そして、圧力が完全に下がるまでふたを開けることが出来ません。また、圧力が上りすぎた場合も「安全弁」と特別設計の「パッキング」が余計な圧力を逃がすようになっています。



ティファールの圧力鍋モデューロ2 ポイント2

クリプソグランドと比べるとタイマーがついていなくてガラス蓋がないこと、クリプソメイユールと比べるとガラス蓋がないことと3Lと いう夫婦二人だけ、一人暮らしをターゲットにしたサイズがないことでしょうか。高圧・低圧のセレクターはモデューロ2にも付いています。 スペリオールは蓋をひっくり返すと本体に収まるという特長がありますが、クリプソモデューロ2の最大の特長は取っ手が折りたためるということ です。コンロ下やシンク下の収納に収めるのにちょうど良いサイズだったというカスタマーレビューもありました。収納しやすいということは 大きなメリットでしょう。

ティファールの圧力鍋モデューロ2 ポイント3

クリプソモデューロ2には高圧・低圧のセレクターがついています。調理する対象によって高圧・低圧の切り替えをすれば良いと思います。 6Lで検討されているのであれば、価格と収納先なども考慮しつつ、どの圧力鍋にされるのかを考えられたら良いと思います。