ティファールの2タイプの圧力鍋 1.アクティクックシリーズ

ティファールの圧力鍋アクティクック

「お知らせナビ」が調理をナビしてくれるものです。調理スタートで火をつけて、タイマーが鳴ったら弱火にして、タイマーが鳴ったら火を止めてと。これはホント安心ですよね。

右の写真がアクティクックです。他にも以前からティファールの圧力鍋で人気のふたは360度どの位置にセットしても閉められます。以前と比べて違うのは蓋の開閉はレバーを左右に動かすだけという簡単操作に変わったことですね。

お肉料理などに適している高圧と野菜や蒸し料理などに適している低圧の切り替えもレバーを動かすだけです。


ティファールの2タイプの圧力鍋 1.クリプソアーチシリーズ

ティファールの圧力鍋クリプソアーチ

蓋のハンドルを上げ下げするだけで開閉することが出来るということと蓋がスッキリしたことで高さが軽減されて収納がしやすくなり、鍋そのものの重さが軽くなったことが特長です。

色がアイボリーとパプリカレッドの2色。大きさはアイボリーが3L、4L、6L、パプリカレッドが4L、6Lです。家族構成や好みで選ぶことが出来ます。

ティファールの圧力鍋 安全性

ティファールの圧力鍋に共通しているのは安全性です。

どちらのタイプの圧力鍋も圧力が下がるまでふたは開きません。また10年保証付(本体のみ対象)

圧力鍋は爆発したら怖いという世間のイメージも薄れてきたように感じています。このイメージを牽引しているのがティファールではないかと思います。圧力が下がるまで 蓋が開かない。しかし、その蓋の閉め方を間違ってしまったらどうしようと不安を感じている方も多いのではないかと思います。しかし、アクティクックにしてもクリプソアーチにしても これだけ簡単に蓋の開閉が出来るのであれば問題ないと言ってもいいのではないかと思います。

最近のティファールの圧力鍋の対するイメージ

クリプソクレールやクリプソグランドの頃からティファールの圧力鍋には注目してきましたが、この2年ほどでデザイン的にも手軽さという面からも飛躍的に進歩した感じがします。

以前のティファールの圧力鍋のページはこちらです。新製品に比べると少し古い感じがしますね。